作者アーカイブ | admin

自己PRを上手にレベルアップして成婚へとつなげるポイント

婚活では自己PRが成婚への重要な鍵となります。
どんなに魅力的な人であっても、限られた時間の中で自分をアピールできなければ、相手に良い印象を与えることはできません。

自己PRが苦手という人も多いとは思いますが、いくつかのコツをつかんでおけば今までよりも自分の魅力を上手く伝えられるようになるはずです。

婚活の最初のアプローチで必要となるものはプロフィール表です。
プロフィール表では名前や年齢の他に、職業や趣味などを記入するのが一般的です。

この際に、職業欄に会社員だとか自営業、公務員といったことではなく、より具体的な仕事内容を記入することがおすすめです。
仕事内容が明確であれば、会話も弾みやすくなり、相手がどんな人間なのかイメージしやすくなるそうです。

また、趣味は異性に共感してもらえそうなものを記入するのがベターです。
もちろん嘘はいけませんが、パチンコや競馬などのギャンブルやマニアックな趣味は相手が共感できるとは限らないので初めから書くのはおすすめしません。
仲が深まれば、どんな趣味でも受け入れやすくなるので、本当の趣味はそれまで伏せておきましょう。

次に自己紹介タイムでのアピール方法ですが、持ち時間1、2分という短時間で自分のことを全て伝えることはかなり難しいです。
早口で多くの情報を伝えたところで好印象にもならないので、ここでは話す内容ではなく雰囲気を伝えることがポイントです。

異性から軽そうだとかバカそうと思われるような話し方には気をつけて、誠実で穏やかそうな雰囲気を作ることが大切です。また、笑顔を忘れず、はっきりとしゃべることも基本ですが、緊張の場面だと忘れがちなので注意しましょう。

そして、その後のフリートークでは自分の理想や条件などを話すのではなく、共通の会話を見つけて他愛もなく楽しい時間を過ごすことを心がけましょう。
その方が、相手から「もう少しこの人と話していたい」と思ってもらえやすくなり、好印象を与えられるはずです。

会話をする際は相手とのバランスも大切で、自分がしゃべりすぎるのはもちろんNGですし、相手が敬語なのに自分はタメ口なども絶対にやめましょう。

話すのが苦手という人は聞き上手に徹するのも悪くはありません。
必要最低限の情報はプロフィール表をしっかりと記入しておけば相手にも伝えられます。
ですから、コミュニケーションの場では雰囲気やオーラで相手に自分の魅力を感じさせることが実は一番大切なことなのです。

婚活がうまくいかない人は何が原因?チェックすべき要因

婚活がなかなかうまくいかないと、不安ばかり募っていきますよね。
そんな時は、焦って手当たり次第頑張るのではなく、どうして婚活が実を結ばないのかを一旦考えてみると良いでしょう。

婚活がうまくいかない人のタイプは大きく分けて2つ。
1つは、自分を変えることができないタイプです。

プライドが高い人は、元彼や元カノよりもハイスペックな相手を見つけようとしたり、友達に自慢できる好条件の相手ばかりを探すので、出会いが少なくなってしまいます。
高すぎる条件を突きつける前に、自分自身が果たして相手に釣り合う相手なのかを謙虚に考えられる人の方が、異性からも魅力的に見えるはずです。

また、いつまでも自立できないタイプの人は、婚活も人任せで文句だけは一丁前というパターンもあります。

30代40代になっても実家暮らしで家のことは両親に頼りっきりの人や、経済的に自立できていない人は結婚以前に、自分の生活を切り開くために一歩前へ進む努力をすべきです。
親や友達がいつか良い結婚相手に巡り合わせてくれるだろうと待っているのではなく、自分から探しに行く姿勢が大切です。

婚活を成就させにくいもう一つのタイプは、失敗を恐れてしまうネガティブな人です。

婚活中は、誰もがもたくさんの出会いの中から理想の相手を探しています。
自分自身が数ある出会いや人の中から最高のパートナーを探しているということは、相手だってあなたと別の誰かを比べているということ。
そうなれば、断られることも多くなりますし、時には相手の言動に傷つくこともあります。

ですが、失敗を恐れて何もしなければチャンスなんか生まれません。
少しでもいいなと感じた相手がいたら、あまり深く考えずにまずは連絡先を交換してみましょう。

そして、自分から誘ってみる勇気を持ちましょう。
縁がなかった時はくよくよしないで、次へと気持ちを切り替える心の強さも、婚活中の人には必要なのです。

反対に、やりとりしてみた結果、自分が違うなと思った相手とは無理に付き合う義務はないので、相手に遠慮せずまた次へと動く行動力も大事です。

婚活中はできる限り自分のプライドを捨てて、人から魅力的だと思ってもらえる人間になるよう自分磨きをすることが大切です。
また、傷つくことを恐れずに、新しい人との出会いを楽しみながら、素敵な相手を見つけましょう。

自分自身が変わることで、今まで見えていなかった未来が見えてくるかもしれませんよ。

婚活にかかる費用はどれくらい?婚活の種類別に調べてみた

婚活の活動期間は人それぞれ。
短期決戦で勝負するにしても、じっくり長期戦で頑張るにしても気になるのは費用の面ですよね。
今回は、婚活に必要な費用を種類別にまとめてみました。

婚活で一番手軽に参加できるのが合コンや街コンです。
これらにかかる費用は基本的に自分の飲食代のみなので、2500円から3500円くらいが相場です。
もちろん、合コンでは食事代の振り分けは当事者たちの問題なので、割り勘にするのか、男性がおごるのかでも費用は変わってきます。

あまり固苦しく考えなくて良い合コンや街コンは、友達と気軽に参加できて若い人を中心に盛んですが、結婚に対しての真剣さも低くなるので成婚率は低いのが特徴です。
結婚を気長に考えられる人には費用の負担もかからずおすすめです。

もう少し真剣に結婚相手を探したい人は婚活パーティーに参加したほうが良いでしょう。
婚活パーティーへの参加は、男性の場合1回3000円から8000円くらいが相場です。
また、女性は無料のところも多く、高くても5000円以内で参加できる場合がほとんどです。

ただし、医者などのハイスペックな男性を集めたパーティーでは、女性の参加費が高くなる場合もあるそうです。
婚活パーティーは街コンなどに比べて費用が高くなってしまいますが、1日で複数の結婚願望がある人と出会えるので成婚率も上がります。

もっとも婚活に費用がかかるのは結婚相談所で、入会金だけでも3万円から10万円はかかると言われています。
他にも月会費が5千円から2万円ほどかかったり、お見合いするにも1回1万円前後の料金が発生するそうです。
さらに相談所を通して結婚が決まった場合、成婚料として数十万円の成功報酬が必要になることもあるのだとか。

ただ、一見高額に思える結婚相談所ですが、その分理想の相手を厳選して紹介してもらえたり、異性とのやりとりが苦手な人でも仲介人がうまくやってくれるといったメリットもあります。
何より色々な無駄が省けるので、短期で結婚相手が見つけられるといった魅力があります。

近年ではマッチングアプリで出会って結婚する人も増えていますが、こちらは手軽に安く利用できる分、危険も伴っているので気をつけましょう。

結婚にまだ焦っていない人や、お金をかけたくない人は街コンや婚活パーティーに定期的に参加するのが望ましいです。

一方で、絶対に結婚したい人や短期間で結果が欲しい人、異性とコミュニケーションを取るのが苦手という人は初期費用がかかっても結婚相談所に入会したほうが結果的にコスパが良いかもしれません。

女性は婚活でどこまで積極的になれば良い?NG行動か見極めるコツ

「結婚したいけど焦っていると思われたくない。」
そんな風に考えている女性は多いでしょう。
今回は、どこまで婚活に積極的になって良いものなのか、婚活中の痛いNG行動と合わせてチェックしていきましょう。

まず婚活パーティーなどで男性と出会ったら、つい相手のルックスやスペックだけで判断してしまいがちです。

しかし相手との相性は見た目やその書類に書かれている年収や職業、学歴だけでは決して判断できません。
年収800万以上じゃないとダメとか、身長180センチ以下の人は無理といった理由で相手をバッサリ切るのは、運命の相手に出会えるチャンスを棒に振っているも同然です。

もちろんこんな人と結婚したいという理想は誰にでもありますが、まずは相手が好みのタイプで無くても、一度話してみようと思う積極性だけは忘れずに持っておきましょう。

他にも、結婚したい願望が前面に出ている言動にも要注意です。
結婚したら専業主婦になりたいとか、子供は3人欲しいと言った理想論を相手に押し付けるのはNGなので気をつけましょう。

相手に結婚を連想させつつも、決して貪欲な態度を出さないようにするコツは、家庭的な面と適度に自立した女性であることをアピールすることです。

昔からよく言われていることですが、男性は女性に安らぎや穏やかさを求める人がとても多いです。
結婚相手には一緒に暮らしていて落ち着ける相手を無意識に選んでしまう傾向があるので、王道では料理上手アピールが簡単ですが、ブランド志向では無くプチプラ好きなどといった庶民派アピールも有効です。

また専業主婦希望でも、早い段階でそれを言ってしまうと、相手は依存されてしまうのではないかと一歩引いて考えてしまいます。
結婚後のライフスタイルに対する希望はある程度心に止めておいて、今の自分は仕事や趣味もちゃんと充実していることを伝えましょう。

婚活中は、高いプライドは捨てて柔軟に相手を受け入れる姿勢が大切です。
また、あまりにも謙遜したり、卑屈になりすぎていても魅力が半減してしまいますので、適度に自信を持ちつつもあまり素の自分を出しすぎないようにすることがポイントです。

婚活中はできるだけ沢山の人と出会って、その中から条件の良い人と付き合いたいと考える人は多いでしょう。
しかし、婚活の場でも結婚!結婚!といった態度は相手が引いてしまうかもしれないので、出会いを広げる一つの場と考えて余裕のある女を演じましょう。

お見合いでお断りしたのに再度相手に会いたくなった時の対処

一度は断った相手でも、時間を置いた後「やっぱりあの人が良かった!」と後悔することはよくあります。
特に婚活中は、他にもっといい人がいるんじゃないかと比べてみたくなったり、大きな決断のため一人に絞りきれないこともあります。

今回は、一度断ったお見合い相手に再度会いたくなった時の対処法をご紹介します。

時間や環境の変化で以前会った人のことが急に気になりだすことは別に珍しいことではありません。
しかし、自由恋愛とは異なり、お見合いで相手を探している人は結婚に対してとても真剣だったり、成婚という結果を重んじている人が多いのも確かです。

ですから、一度断ったお見合い相手に自分の都合でまた会いたいと感じた時は、感情に任せてアプローチするのではなく、順を追って再アプローチすることが大切です。
まず、断られた相手は一度あなたにプライドも気持ちも傷つけられていることをよく覚えておきましょう。

それから、結婚に積極的な相手の場合はすでに別の人と交際していたり、成婚していることも想定しておく必要があります。
そういったことを踏まえて、お見合い相談所や仲介者を通して、再度会う機会をセッティングしてもらえるよう真摯な気持ちで依頼してみましょう。
自分本位で直接連絡を取ると、相手から疎ましく思われてしまうこともあるので、少々面倒でも必ず第三者に協力してもらうのがベストです。

そしてもし会う機会がセッティングされた場合は、今度はあなた自身が交際okが前提となり、相手がそれに答えるか否かという立場逆転の状態になります。
ですから、再会時は相手が自分に好意を寄せていた以前のような優位な状況ではなくなっている可能性もあります。
会ったらまずお断り後の自分の感情の変化を相手にストレートに打ち明けて、わだかまりを解くように努力しましょう。

お見合いでは結婚前転という大きなプレッシャーがのしかかるので、相手に良い返事をすることは簡単ではありません。
特に、慎重に物事を考える真面目な人は、お見合い後すぐに返事をしなければならないというプレッシャーからとりあえず断ってしまったという人もいるでしょう。

しかし、一度断ったからといって全く縁がなくなるということもありません。
恋愛では一度別れた相手と再交際して前よりうまくいったというケースは多いので、お見合いでも時間をおいて相手のことを見つめ直したら以前よりもプラスになる可能性は十分にありえます。

カップル成立をしてもまだやってはいけないNG行為をチェック(肉体関係を迫る、急に結婚を持ち出す、スキンシップの順番を間違えるなどなど)

意中の人とカップルになれたら誰だって舞い上がってしまい、事をもっと先に進めたいと考えてしまいがちですよね。
だけど、その焦りがせっかくのチャンスを台無しにしてしまうこともよくあります。

いつも恋愛が長続きしないと悩んでいる人や、次の恋愛では結婚までこぎつけたいと願っている人は、カップル成立後のNG行動を把握しておくことが大切です。

まず、一番のNG行動は肉体関係をすぐに持とうとすることです。

確かに、大好きな人と付き合うことができたら、相手に触れたい抱きしめたいと思うのは普通です。
しかし、相手の恋愛経験が少なかったり、過去の恋愛でなんらかのトラウマを抱えている場合は、付き合って初めてのデートで体を求めてくる相手には警戒心が生まれてしまうことがあります。

そうでなくても、性に過剰に貪欲だったり、積極的すぎると引いてしまう人も多いです。

まだお互いのことを深く知らない付き合いたての時期は、色んな場所でデートを重ねたり、食事をすることで距離を縮めていきましょう。

また肉体関係だけでなく、LINEや電話で毎日連絡を取り合うことも危険です。
お互いに連絡頻度が同じであれば問題はないのですが、どちらか一方に偏りがある場合は徐々にすれ違いが生じてしまうかもしれません。
マメに連絡を取りたがる人は相手からの返信の有無に一喜一憂して、振り回されてしまうことがあります。

反対に、連絡は必要最低限でOKなタイプの人は、コミュニケーションのための何気ないLINEは面倒だと感じてしまうものです。
最初の頃はお互いに相手に合わせようと頑張っていても、数ヶ月もすれば疲れてしまうので、最初から飛ばしすぎないことがポイントです。

もう一つのNG行動は、付き合いたてにも関わらず結婚を迫ったり、まだプロポーズもされていない段階で将来のことを結婚前提で話すことです。

特に周りの親しい友達が結婚している場合、自分も次の人とは結婚までいきたいと焦ってしまいます。
しかし、年齢やタイミングに関係なく、結婚は相手あってのこと。
自分の気持ちを一方的に押し付けると、重いと判断されかねません。

付き合いたての時期は、会話でも結婚や子供といったワードには注意して、あくまであなたと長く付き合っていきたいと思っているといったニュアンスで気持ちを伝えましょう。

恋愛は一気に燃え上がると冷めるのも早いと言います。
盛り上がっている気持ちは一旦胸にしまって、相手からも求めてもらえるように適度な距離を保って関係を深めていくことが大切です。

婚活でのデートいつから相手とのスキンシップが許されるの?

婚活をする上で、相手とのスキンシップは何回目のデートから許されると思いますか。
今回は、何回目のデートからスキンシップが許されるのかについて見ていきましょう。

結論から言えば、何回目という概念はありません。
人によっては結婚するまでは嫌だという考えの人もいるからです。

ただ、ひとつだけ言えるのは早い段階でスキンシップをしようとする人は、あまり好まれない傾向にあります。
例えば1回目や2回目のデートで、異性に対してスキンシップをしようとすれば、そういう目的でマッチングアプリや結婚相談所に登録しているのだと思われてしまうからです。

誰だって、手が早い異性に対して良い印象は抱けません。
何回目からという概念はありませんが、早い段階でのスキンシップは避けるようにしましょう。

それでも、何回目からスキンシップを考えればいいのかと言えば、最低でも3回はデートをした後でしょう。

結婚をする上で、スキンシップの相性なども判断基準にする人がいます。
そういう場合は、しっかりと相手に伝えた方がいいかもしれません。
その場の勢いで流すようにスキンシップをしてしまうと、先述したように良い印象を持たれないからです。

ただ、手を繋ぐなどの場合は3回目くらいから考えてもいいでしょう。
間違っても、1回目で手を繋ごうなどとは考えないようにしてください。
婚活での初デートは相手を見極めるためのものが多いため、まだふれあうための心構えが出来ていない人が多いからです。

いくら、婚活上でのデートと言っても、相手のことを詳しく知らない状態で手を繋ぐなどはしたくないという人が多くいます。
できれば、手を繋ぐ時も相手に伝えることをおすすめします。
ふれあうことに関して相手の意見を求めることで、その人に対して誠実なイメージが持たれるからです。

強引にスキンシップをしてしまうと、自分を引っ張っていってくれる頼もしさはありますが、自分の意見を聞こうとしない横暴さも感じてしまうという人もいます。
自分の望みだけではなく、相手の考えも聞くようにしてください。

このように、スキンシップに関するデート回数の概念はありません。
そのため、何回目だったらいいんだろう、という悩みは無用です。

ただ、自分のことだけではなく相手のことも考えてスキンシップが取れるかどうかに注目してください。
結婚相手を見つけるためだからこそ、自分の主張だけではなく相手の意見も聞かないといけません。
長い人生を一緒に歩む人だということを忘れないでください。

婚活の同時並行は何人までがおすすめ?上手く並行させる裏技

婚活の際、何人まで同時並行するのがおすすめだと思いますか。
今回は、同時並行のやり取りのコツや何人までがおすすめなのかを見ていきましょう。

理想だけを言えば、ひとりひとりと真剣に向き合うことが一番です。
ただ、婚活は時間との勝負と言われている部分もあるので、無駄な時間を省くために複数人との同時並行でやり取りをするのが一般的と言われています。
ただ、複数の人とやり取りするということは、それだけ自分にかかる負担も大きくなっていくのです。

それだけではなく、複数とやり取りしていることを相手に知られないようにしないといけません。
なぜなら、誰だって自分以外とやり取りをしていると聞かされて良い気分になる人はいないからです。

基本的に何人までということはありませんが、無理のない範囲で言えば3人が限界ではないでしょうか。
メールや電話などのやり取りもあるため、それ以上の人数だと人を間違えてしまう可能性が出てきます。

Aさんとやり取りをしていたのに、Bさんと間違ってしまうと、先述したように不快な気持ちになります。
相手が自分以外ともやり取りしていることが分かってしまうと気分は良くないはずです。

複数とのやり取りは一般的でありながらも、隠れて行うことが要求されるので気をつけましょう。

上手く複数とのやり取りを平行させる裏技として、時間を分けることがおすすめです。
仕事などを理由にして、Aさんの場合は夕方までのやり取り、Bさんの場合は夜のみという分け方です。
時間を分けることによって、今誰とやり取りをしているのかを明確にすることができます。

ただ、相手にも都合があるので必ずしも理想通りに行くとは思わないようにしましょう。

時間で分けるのが難しいなら、曜日で分けるのもおすすめです。
曜日分けすることで、時間を気にせずにやり取りをすることもできます。
おすすめしている裏技はこのふたつですが、自分のやりやすいやり方で行っても構いません。

注意したいのは、複数の人と真剣交際にならないことです。
複数の人とやり取りをすることで、その人を見極めた後は、ひとりに絞るようにしましょう。
いつまでも複数とのやり取りを続けていると、相手にバレる可能性が高まります。
すると、結婚後もそういう人になりそう、と思われてしまいます。

複数とのやり取りは、あくまでも結婚相手を見極めるものとして行ってください。

複数とやり取りするコツは、同じ時間帯などに被らないことでしょう。
上手く同時並行のやり取りを活用して、運命の人を見つけてください。

婚活でいよいよ初めて会う時の初回デートにふさわしい服装

婚活の最中、相手と実際に会う時はどんな服装にすればいいか悩む人もいるでしょう。
正装に近いものを選ぶべきか、カジュアルなものを選ぶべきか困る人も多いはずです。
こちらでは、婚活の初デートの際の服装について見ていきましょう。

結論から言えば、カジュアルなもので問題ありません。

高級料理店に行く場合は、ドレスコードなどがありますが、初デートでそういった場所に行く人は少ないです。
どちらかと言えば、お互いの好みを知るためのデートなので手軽な場所に行くことの方が多いと言われています。
そのため、服装はカジュアルなものでも問題ないでしょう。

ただ、不安であれば初デート前に相手に服装について聞いてみるのもいいかもしれません。

しかし、カジュアルで問題ないと言ってもあまり砕けすぎた服装だと印象を悪くしてしまいます。
年齢相応のカジュアルさを心掛けるようにしてください。

30代から40代の場合は、若々しさだけではなく上品さも取り入れるようにしましょう。
30代や40代の人が20代のような服装をすると、若作りというイメージを持たれかねません。
そのため、服装のジャンルではなく年齢相応の服を身につけることを心掛けてください。

年齢相応の服装ができるのか、というポイントを見極める人もいるようです。
相手に若く見てもらいたいという気持ちは分かりますが、年齢相応の服の方が好印象を与えられます。

初デートの場合、主に女性に見られますがモテファッションなどをする人がいます。
男性も流行の服装などにすることもありますが、婚活の場では意外と逆効果になることが多いのです。

初デートのために気合いを入れることが悪いのではなく、相手の好みと違った場合は、次の約束につなぐことができなくなるのです。
そのため、過剰な気合いを入れるよりは、相手との話題をひとつでも多く考えておく方が有益と言えるでしょう。

ただ、先述したように初デートで行く場所によってはドレスコードが必要な場合もあります。
初デート前に、どこに行くのかなどの話し合いをするとは思うので、服装に関しても探りを入れておきましょう。

もし、どうすればいいか分からない場合は素直に相手に聞いてみることをおすすめします。
分からないことを分からないままにしておくより、素直に聞いた方が相手からの好印象にもつながるからです。

せっかくの初デートなので、後悔しないようにしっかりと服装に関して気をつけるようにしておきましょう。

婚活で盛り上がったのに実際会うと気持ちが冷める理由は何故

婚活中に話が盛り上がっていたのに、実際に会うことで気持ちが冷める人もいます。
なぜ、実際に会うことで気持ちが冷めてしまうのでしょうか。
こちらでは、その原因などについて見ていきましょう。

結婚相談所で知り合った人の場合、最初はメールや電話でやり取りをすることが多いようです。
同じ趣味を持つ人などの場合、話が盛り上がってこの人となら上手くいくかもしれないと考えるでしょう。
しかし、実際に会うことで盛り上がっていた気持ちが一気に冷めてしまうこともあるようです。

その理由として、相手に対して期待しすぎていた部分があるのではないかと思われます。
同じ趣味を持つ人、価値観が同じ人、さまざまな部分で好印象となるポイントがあったはずです。
ですが、好印象となればなるほど相手に求めるハードルが高くなっていくのも事実なのです。

例えば、前評判が良くて期待していた映画を実際に観て思っていたものと違ったという感想を持ったことはありませんか?
簡単に言えば、期待外れだった映画と同じことなのです。
ある意味では、話が盛り上がったからこその弊害と言ってもいいでしょう。

他には、実際に会うことで嫌な部分が見えてしまったという理由もあります。
例えば、清潔感や食べ方などは実際に会わないとわかりません。
趣味が同じだったり、話が合ったりしていても、清潔感がない人、食べ方が汚い人は一気に気持ちが冷めます。

実際に会ったことで、電話やメールで話していた時とは違う性格に感じることもあるようです。
いくら電話やメールで話していても、いきなりタメ口をされるのは気分が良いものではありません。
そういった常識のなさが気持ちが冷める原因にもなっています。

これは、相手にだけ言えることではなく、自分にも当てはまるものだと考えましょう。
自分が大丈夫だと思っていても、失礼な物言いになっていないか、清潔感があるか、食べ方は汚くないかなど、自分が嫌だと思うことは、相手にもしないように心がけてください。

実際に会うことで気持ちが冷めてしまうのは、意外と珍しくありません。
そのため、気持ちが冷めてしまったと言っても、自分が悪いのだと責めないようにしましょう。

そして、気持ちが冷めているのであれば、自分のためにも相手のためにも思わせぶりな態度は取らないようにしてください。
しっかり、自分の気持ちを伝えないと相手は脈ありと勘違いしてしまうからです。
そのような状態は、自分のためにも相手のためにもならないので注意してください。